どんな人でもダイエットを長い期間していると停滞期を経験する

どんな人でもダイエットを長い期間していると停滞期を経験するといいます。体重が順調に減っていたのに、停滞期になると減り方が鈍くなってきます。ダイエットのモチベーションが下がってしまう人も多いのは、運動をさぼっているわけではなく、食事も制限しているのに体重がちっとも減少しなくなってしまうからでしょう。停滞期は、体がホメオスタシオスという体の防衛機能になって起こります。体の状態を一定に保とうとする体の機能がホメオスタシオスで、ホメオスタシオスの働きで体温も周りの気温が下がっても一定に保持しようとするといいます。ホメオスタシオスは、ダイエットのために食事を少なくすると、食事が減っても体重を保持しようと働くといいます。摂取カロリーをできるだけ脂肪として蓄積しようとし、消費カロリーを減少させます。摂りいれることができる栄養が減っても、停滞期のときは体の状況が変わらないように、必死に体が対抗している状況だといいます。ある期間停滞期が続いた後で、もう一度体が元に戻りダイエットがうまくいくようになります。停滞期の期間は人によって差があり、2週間程度で終わる人もいれば、1カ月かかる人もいます。停滞期とは健康な体に起こる当たり前の反応ですが、ダイエットにはマイナスになってしまいます。うまく停滞期をやり過ごせば、かならずダイエットを成功させることができるといえます。